いわき市不動産を取得する前に注意したい点

注文住宅で家を建築する場合には土地が必須となります。いわき市不動産には宅地として利用する事が出来る土地物件もありますが、現況が畑や山林などの土地物件もあります。こうした土地物件を利用して注文住宅で家づくりを行う時には土地の利用使途を宅地として変更しなければなりません。いわき市内には田畑などが多くありますし、山林として土地を販売している物件もあるので、注文住宅の家づくりを行う時には土地の利用使途でもある地目の確認、必要に応じて地目の変更が必要になる野で注意が必要です。さらに、土地を購入する時や中古一戸建てを購入する場合には隣接する道路の中心から2メートル以内の場合には、セットバックが必要になるなど、土地物件などを選ぶ時にはある程度の知識を持っておくと安心です。

中古の一戸建て物件を購入する時の注意点

中古一戸建てなどもいわき市不動産の中には多数あります。中古一戸建ては、建物の築年数が経過している物件ではありますが、土地の価値が高いため、築年数が経過していても土地すべての所有権を得られるなどのメリットがあります。しかし、中古一戸建てを購入する時には、建物が建築されている土地に対する制限が設けられていないなどの確認を行っておく事が大切です。宅地として利用出来る土地は、道路の中心より2メートル以内の場合は、土地の境界線を後退した形で敷地の境界線を新たに設け、その範囲内で建築をしなければなりません。これはセットバックと呼ぶもので、購入する時の土地よりも狭くなるので注意が必要です。尚、土地と道路の設置面が2メートルを超えていないと建築許可が下りませんが、中古物件の中にはこのような物件があるので注意が必要です。

ニーズに合う土地物件を購入して注文建築

建物を建築する土地と隣接している道路との接している部分が2メートル以上なければ再建築が出来ない事になっています。いわき市不動産の中には、このような物件もあるので知識として持っておけば安心です。注文住宅でマイホームを作る時には土地が必要になりますが、土地物件には建物を解体してある更地の状態の土地、築年数が経過していて、そのままでは住む事が出来ない古屋が付いている物件、土地を販売する不動産会社などが予め、ハウスメーカーや工務店を決めておいて、家の設計などもある程度プランが作られている建築条件付き物件などがあります。好きなハウスメーカーや工務店などで家を建築して貰いたい場合には、更地の土地や古屋付きの土地物件を買う必要がありますが、いわき市不動産を見つける時にはニーズに合う土地物件を見つける事が大切です。